真っ白な素肌に憧れているならハイドロキノンを!

ウーマン

漂白成分でシミを消す

レディ

色素沈着を薄めていく

メラニンは本来は皮膚を保護するために作られるものですが、過剰に生成されると色素沈着として肌に残ってしまいます。紫外線を浴びたり、ニキビやアトピーの炎症など様々な原因でシミはできますが、出来てしまったシミを治療できる成分がハイドロキノンです。漂白効果が高く、たくさんの美白化粧品にも配合されるようになりました。その美白効果はビタミンCやプラセンタの10倍から100倍以上です。イチゴやコーヒーなどの食品中にも存在している成分としても知られています。ハイドロキノンの特徴は、チロシナーゼという酵素の働きをブロックすることと、メラノサイトという細胞そのものの働きを弱めることです。つまり、ダブルの方向からシミを抑制します。皮膚にダメージが加わると、メラノサイト内でチロシンという物質を変化させるために、チロシナーゼが分泌されます。この酵素がチロシンをメラニンに変化させてしまうサイクルを、ハイドロキノンが断ち切ってくれるのです。既にできたシミはもちろん、これからできるかもしれないシミもハイドロキノンは予防する力を持っています。特に老人性色素斑や炎症性色素斑、更年期の肝斑のケアに有効です。非常に強い漂白効果を持っているので、市販されている美白クリームに配合されているハイドロキノンの濃度は、2パーセントまでのものが大半です。濃度が高いと刺激を感じやすいので、最初はパッチテストをして低濃度の化粧品から試すようにしましょう。